PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
高柳でウサギのイルミネーション

 クリスマスが近づいて、街角に美しいイルミネーションが輝き始める中、市内高柳町岡野町では、来年の干支(えと)のウサギをデザインしたイルミネーションが点灯し、近所の話題を集めている。

 このイルミネーションを飾ったのは同所の農業・石塚和夫さん(64)。毎年この季節になると、高柳町商工会商業部会(大倉茂喜部会長)と岡野町の多くの住宅が街をイルミネーションで飾っているが、石塚さんの家は同じ岡野町でも商店街とは反対の川東側、中島団地と呼ばれる静かな住宅地だ。07年暮れ、川東側を少しでも明るく――と、横3メートル、縦2メートルの干支のネズミを光の一筆書きで点灯。かわいいネズミは近所の子どもたちの人気となり、以来、干支の牛、トラの顔をデザインしてきた。

(2010/12/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。