PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
工科大環境シンポ「学びと活動が重要」

 新潟工科大は11日、市の大学・地域連携推進事業として環境シンポジウムを市民プラザで行い、市民・行政・大学の連携を考えた。

 学生・市民ら約150人が参加。基調講演で私立大学環境保全協議会理事の田中勉・法政大教授は、同大と東京都千代田区の事業協力、他地域の活動事例などを紹介。「学生は地域と環境を学び、活動することが重要だ」と述べた。また、活動の組織化に向け、大学窓口の設置、活動の継続、地域への還元を訴えた。

 このあと、新潟工科大3年で環境推進学生会の関矢淳子会長(21)、同じく相田将副会長(20)が新潟大、信州大、千葉商科大の環境活動の視察を報告。これを踏まえ、行政には市回収の古紙による特産トイレットペーパー化、不用な灰皿のプランター化などを提案、学生には不用品交換会、海浜清掃などを呼び掛けた。

(2010/12/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。