PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
飯塚邸修復計画見直し、12年度再オープン

 15日開かれた市議会12月定例会・総務常任委員会で、中越沖地震により大きな被害を受けた市内新道の市指定文化財「飯塚邸」の新たな修復計画を当局が示した。建物全体を完全修復する方法を見直して、座敷棟1階などを中心に復旧するとし、今年度に実施設計終了、2011年度に工事を行い、12年度に再オープンしたいと説明した。

 飯塚邸は中越沖地震で建物が大きくゆがみ、壁が崩落するなど甚大な被害を受けた。これまで専門業者に調査を委託するなどして修復方法を検討してきた。当初、建物全体を全解体・半解体により復元するには約3億円の費用と8年間の工事期間が必要と判明したことから、計画を見直した。

(2010/12/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。