PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
甫仮さんが市内初の樹木医に

 市内宝町、池忠造園(池田昭平社長)の社員・甫仮和貴さん(28)=番神1=が難関の樹木医の試験を突破し、このほど認定証が授与された。財団法人日本緑化センター(東京港区)による2次にわたる筆記、実技試験に合格したもので、市内では初めて。

 樹木医は、樹木の診断や治療、後継樹の保護育成、樹木保護に関する知識の普及・指導を行う専門家。1991年度に樹木医制度が発足して以来、日本緑化センターが資格認定機関として審査事業を行っている。

 甫仮さんは産大附属高を卒業後、池忠造園入社。3年間勤務し、東京の造園会社に転職。そこで2年間勤め、柏崎へUターン。池忠造園に復職した。現在は樹木のせん定、冬囲い、生け垣や竹垣、石積み、庭造りなどの業務に携わる。

(2010/12/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。