PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
サケの検卵がふるさと公園でピーク

 市内青海川、柏崎さけのふるさと公園で、発眼したサケの卵を検査する作業が最盛期を迎えている。21日には南鯖石小3・4年生14人が見学。検卵作業も体験した。

 今年は日本海の水温が高かった影響か、秋のそ上シーズン前半は谷根川に帰ってくるサケの数は少なかったが、後半は徐々に回復。市さけます増殖事業協会(深井和一会長)では今月10日までに昨年並みの3146匹の親魚を捕獲。約190万粒の卵を確保した。

 今シーズンは、最初の10月20日に授精した卵から今月1日に稚魚が誕生し、その後も赤ちゃんが次々と生まれている。作業のピークを迎えようとしているのは、発眼せずに死んで白くなった卵を取り除く検卵作業。今は11月中旬に採卵・授精した卵を行っており、これから年末年始にかけてが最盛期だ。

(2010/12/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。