PHOTOニュース

堀井さんの語りで進められた舞踊劇「綾子舞物語」。お国役のこだまさん(左から2人目)、お菊役の永宝さん(中央目)=21日夜、アルフォーレ大ホール (2021/10/22)


食用、毒キノコなどを展示した「再発見教室」=市立博物館 (2021/10/21)


フィギュアスケートの全国大会などに出場する金子君(右)と渡辺君 (2021/10/20)

>>過去記事一覧
市の川内ダム改良工事で過大積算

 市ガス水道局が昨年発注した川内ダム改良工事で、市は14日、工事の積算価格を約2千万円過大に見積もっていたことが判明したと公表した。工事がすでに着手されているとし、契約の相手方と過大積算分の減額変更契約を行って契約を継続する。

 この工事は1938年に築造された川内ダムの補強。昨年10月に11の特定共同企業体(JV)による公募型指名競争入札が行われた。うち8JVが最低制限価格を下回って失格。最も低い価格を示したハザマ・丸高建設JVが落札。12億2199万円で契約した。工期は2014年3月。

(2011/ 1/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。