PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
博物館でネイチャーフォト展

 自然界の神秘をとらえた写真企画展「ネイチャーフォト−人と自然のかかわり−」が27日まで市立博物館で開かれている。会場には、全国各地の写真家などによる優れた作品が並び、訪れた人たちは奥深い自然の魅力を楽しんでいる。

 展示は、全国でもトップクラスの富士フォトコンテストに寄せられた約3万5千点の中から、厳しい審査の末に選ばれた銅賞以上の約70点。日本南アルプスの北端近くにある仙丈ヶ岳で強い風によって雪が削られる風紋にシャッターチャンスをとらえたグランプリ作品「きらめくシュカブラ」、元気よくあばれる魚をしっかりとくわえ、羽ばたきの瞬間を収めた金賞の「捕獲に成功(カワセミ)」など、いずれも自然界を題材に根気強く狙った労作がそろった。

(2012/ 5/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。