PHOTOニュース

放射線物質の付着を確かめるスクリーニング訓練。市内の枇杷島地区の人たちが参加した=24日、上越市の直江津港南ふ頭緑地公園 (2020/10/26)


北半田のアパートの一室で発覚した死体損壊・遺棄事件で、都内から捜査本部のある柏崎署に移送された佐藤容疑者=23日午前2時過ぎ、同署 (2020/10/23)


柏崎署に設置された捜査本部。会見を行う金子隆柏崎署長、岡本義美刑事部長、中俣進捜査1課長(左から)=21日午後7時過ぎ、柏崎署 (2020/10/22)

>>過去記事一覧
がれきの本格焼却は柏崎など3市

 東日本大震災被災地である岩手県大槌町のがれきについて、柏崎を含む県内5市が26日、三条市役所で共同会見を行い、本格受け入れの対応などを示した。環境省が本県への木くずの配分量を当初予定から大幅に減量したことによるもので、本格受け入れはすでに試験焼却を実施した柏崎、三条、長岡の3市のみとなった。昨年3月末、3市とともに受け入れの共同表明を行った新潟、新発田の2市は準備が間に合わず、受け入れを断念するとした。

(2013/ 1/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。