PHOTOニュース

海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)

>>過去記事一覧
新成人フェスで「若い力と情熱」に期待

 「はたち」の門出を祝う新成人フェスティバル(市教育委員会主催)が憲法記念日の3日、文化会館アルフォーレで行われた。中越沖地震からの復興のシンボルとして昨夏オープンしたアルフォーレでは初めての開催で、式典のテーマは「夢」。対象者には東日本大震災に伴う福島県からの避難者を含み、市内在住・出身の新成人657人がスーツ、振り袖姿などで出席した。大勢の家族、一般市民らも集まった。会田市長は若い力と情熱、行動力をまちづくりに役立ててほしいと期待し、新成人代表は厳しい時代の中でふるさと柏崎の輝く未来を築き上げるため、それぞれの道で努力することを誓った。

(2013/ 5/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。