PHOTOニュース

市展の開幕を前に、各部門で慎重に行われた作品審査=26日午前、ソフィ アセンター (2022/09/27)


3回延期を経て開催された「新成人フェスティバル2021」。マスクの 下には喜びの笑顔であふれた=25日午後、アルフォーレ大ホール (2022/09/26)


市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)

>>過去記事一覧
東京の研究家が「米山甚句」練習取材

 「行こか参らんしょか 米山薬師 ひとつゃ身のため ササ主(ぬし)のため」の歌詞で知られる柏崎の代表的な民謡の一つ、米山甚句。この唄(うた)に魅せられた東京中野区の民謡研究会ゆたちた代表・佐藤千春さん(30)が柏崎民謡保存会(赤川イシ子会長)の練習風景を取材した。研究成果を冊子「MINYO」にまとめ、来月東京で開かれる「コミックマーケット」で発表したいと話した。

(2018/ 7/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。