PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市内小中校 胸はずませ入学式
 春の新入学シーズンがピークを迎える中、市内の多くの小・中学校で六日、入学式が行われた。この日はあいにくの花冷えにもかかわらず、各校で元気に入学を祝う行事が繰り広げられた。七日に行われる学校と合わせると、小学校で八百八十五人、中学校で千二十六人が新しい学校生活をスタートさせる。

 このうち新道小(入沢稔校長)では、二クラスに新一年生六十三人が入学した。午前十時から行われた式では、多くの来賓、保護者の見守る中、スーツやワンピースなどでちょっぴりおしゃれをした新一年生が入場した。

 入沢校長は「元気でかわいい一年生の皆さん、入学おめでとう。みんなと仲良く、遊んだり勉強して下さい。事故のないよう、気を付けて登校しましょう」と二つの約束を呼び掛け。保護者には「学校に行くのが楽しくなるように共に子育てを進めていきたい」とあいさつした。

 その後、在校生を代表して六年生の中村千恵子さんが「皆さんはきょうから新道っ子の仲間です。一緒に楽しい学校生活を送りましょう」と歓迎した。式の途中、お兄さん、お姉さんになった二年生が「小学校にはたくさん友だちがいます」と歌と踊りを披露。たくさんのお祝いを受けて、新一年生も元気よく歌でお返ししていた。

(1998/ 4/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。