PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
賀詞交換会「不況からの脱出を」

 市と柏崎商工会議所が主催する新春恒例の賀詞交換会が4日、産文会館で開かれ、市内の各界各層から500人余が大ホールに参集し、「今年こそは不況からの脱出を」という気持を一様ににじませながら、新年のあいさつを交わした。

 会は藤間藤三和師匠による長唄「松」で開幕。年頭のあいさつに立った西川市長は「最悪だった昨年来の不況は終わり、今年の景気は必ず回復基調になる」と、いち早く不況脱出宣言を行い、新しい年に臨む決意を示した。また新年度予算編成について「不況対策」「人への思いやり」「環境政策」を3本柱にするとし、「今年を乗り切り、来年の市制60周年を明るい気持で迎えよう」と出席者に呼びかけた。

 来賓の代表として祝辞を述べた桜井新代議士は、「年末の臨時国会では24兆円の補正予算を2週間で通した」として、国も景気浮揚に最大の力を傾注していることを強調。「これから自由党との連携でしっかりとした国の道筋を立てたい」と述べた。

 続いて松村保雄・柏崎商工会議所副会頭の音頭で祝宴に入ると、大勢の出席者が新年の賀詞を交換する風景が会場いっぱいに繰り広げられていた。

(1999/ 1/ 4)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。