PHOTOニュース

市展のWEB展示場に向け、作品を写真に収める作業を行った伊部さん(右から2人目)、坂田さん(同3人目)=14日、ソフィアセンター (2020/09/30)


柏高生が文化祭で取り組んだ立体作品=東本町1のフォンジェ (2020/09/29)


新しい形のイベント「えんまテラス」。広くきれいになった歩道などで楽しんだ=27日、市内東本町2 (2020/09/28)

>>過去記事一覧
改正労基法が4月施行

 労働基準法の一部改正が4月1日から施行となることから、柏崎労働基準監督署(金子輝夫署長)では事業者、労働者に周知を呼びかけている。

 昨年9月に公布された改正法は、「経済社会の変化に対応した主体的な働き方のルールづくり」など3つが柱とされる。すでに昨年10月から労働条件についての紛争解決援助制度が施行され、平成12年4月からは新たな裁量労働制、満15歳を超えても中学卒業後でないと就業させられない「最低年齢」などが施行される。

 今年4月からの施行では、新商品・新技術開発の業務などに伴う専門的知識・技能者の新たな雇用と60歳以上の雇用について、労働契約期間を定める場合は、上限を3年に延長できる。また、1カ月単位の変形労働時間制は、就業規則などだけでなく、労使協定によっても導入できる。

 1年単位の変形労働時間制は要件が緩和され、対象期間中の中途採用者、退職予定者にも適用できるようになる。その場合、平均週40時間を超えた部分について割増賃金の支払いが義務づけられる。また、対象期間を1カ月以上の期間に区分できるようになり、最初の期間以外は、期間初日の少なくとも30日前に労働日数、総労働時間を協定で定めればよいことになる。対象期間中の労働日数の限度などは新たに定められる。

 このほか、長時間の時間外労働の抑制、年次有給休暇の付与日数の引き上げなど、改正法の項目は多岐にわたる。業種、事業所規模にかかわりなく広範に適用されることから、同署第一課(電話22-4128)で問い合わせ、照会に応じている。

(1999/ 1/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。