PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
合唱団「ゆう」が「ひまわりの心」披露

 市内の歌の好きな人たちでつくる合唱団「ゆう」(塚田由幸代表)が20日、柏崎エネルギーホールで、第6回定期演奏会を開いた。席上、「ひまわりの心」(牧岡孝さん作詞、塚田代表作曲)が初めて披露された。

 同合唱団は平成4年7月に発足して以来、常盤高校の音楽教師だった塚田代表のもとで研さんを重ねている。この日は市内出身の詩人・故中村千栄子さんの女声合唱組曲「愛の風船」を歌って故人をしのび、「赤とんぼ」などよく知られている歌の数々を披露した。また、特別出演として一中教諭の小竹正さん、二期会凖会員の新井宏子さんがそれぞれバリトン、ソプラノ独唱で楽しませた。

 プログラムに先立ち、城東二で夢塾「ひまわり」を主宰する詩人の牧岡さんの作品に、塚田代表が曲を付けた「ひまわりの心」を歌い上げ、会場から大きな拍手が送られた。客席には牧岡さんの姿もあり、歌声にじっくり耳を傾けていた。

(1999/11/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。