PHOTOニュース

2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2020/07/01)


ごみ持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付けを行う県建設業協会柏崎支部青年部会=30日、東の輪海水浴場 (2020/06/30)

>>過去記事一覧
サケ豊漁まつり 43人がつかみ取り挑戦

 サケの増殖事業に理解を求めるサケ豊漁まつり(市サケマス増殖事業協会主催)が28日、市内青海川の増殖センターで開かれた。あいにく大荒れの天候となったが、県内外から1000人を超える人が訪れた。

 会場にはサケを使った料理の試食コーナーや熱々のサケ汁サービスがあり、訪れた人たちは舌つづみ。親ザケ1匹、みそ漬、くんせいなどをたくさん買い求める人もいた。

 恒例のサケつかみ取りには群馬、長野、静岡などから訪れた家族連れなど43人が参加。水しぶきをあげながらサケと格闘し、大きなサケを捕まえると、見物の人たちから大きな拍手が送られていた。

(1999/11/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。