PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎地方昨年の倒産 負債額は近年最多

 民間信用調査機関の帝国データバンクによると、昨年(平成10年12月26日―11年12月25日)の柏崎市刈羽郡の企業整理倒産(負債額1千万円以上)は15件、負債総額は47億1200万円で、件数は前年より5件減ったものの、負債額 は4億5000万円増え、昭和60年以降の集計では最多となった。

 負債額が増えた原因としては、鉄骨加工の藤友工業の約19億円(5月)、スーパーマーケットのにしまきの約8億円(8月)など、負債10億円以上の大型倒産、1億円以上の大口倒産があったことによる。

 業種別では建設業が5件で9億4700万円(構成比20%)、製造業は藤友工業など6件で27億1500万円(同58%)、小売業は4件で10億5000万円(同22%)。資本金別では1千万円以上の企業が8件、個人営業または300万円以下の事業 所が7件だった。

 販売不振、業界不振などの不況型倒産は10件、42億4700万円で、件数全体の3分の2、負債総額全体の9割を占めた。長引く不況による消費低迷、競合の激化などを裏づける形となった。月別推移では上半期の6件に対し、下半期は9件に増えた。

 帝国データバンクでは、今年は2000年のミレニアム商戦などで消費回復の期待が高まる一方、産業界の変革がさらに進むことから、企業を取り巻く環境は厳しさを増すものと見ている。

(2000/ 1/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。