PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
MOXデータ事件で東電所長「柏崎影響せず」

 東京電力柏崎刈羽原子力発電所の出沢正人所長は13日、同原発で定例記者会見を行い、高浜原発MOX燃料のデータねつ造により東電も自社燃料の再調査をすることについて、柏崎原発3号機で2001年に実施するプルサーマル計画には影響しないとの考えを示した。

 高浜は英核燃料会社、東電はベルギーのベルゴニュークリア社でMOX燃料を製造しているが、高浜で再び品質管理データねつ造が発覚したことから、東電では昨年9月に続いてベルゴニュークリア社に職員を派遣し、再調査に入っている。このため福島第一原発3号機で来月予定していたプルサーマルを延期した。

 会見で出沢所長は「9月に調査し、(問題がないことを)自信を持って確認している。今回は再確認に行っており、そう長期間に及ぶとは思えない。柏崎の2001年の計画に影響が出るようなものではない」と述べた。また柏崎3号機のMOX燃料装荷の具体的な時期については、春ごろ行う次回定期検査になるだろうとした。

 同社では12月にベルゴニュークリア社に出向いた職員をいったん帰国させ、今月5日に再派遣。7日に両社で調査について基本合意し、11日から実際の作業に入っている。福島・柏崎両方のMOX燃料が調査対象で、前回は品質管理データの採取工程確認などが中心だったが、今回はデータの再確認や統計分析も行うほか、第3者によるチェックもするとしている。

(2000/ 1/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。