PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
市町村民所得 柏崎市は309万7000円

 県統計課がこのほどまとめた平成9年度の県内市町村民所得の概要によると、柏崎市の1人当たり所得は112市町村中12位の3,097,000円で、対前年度比0.1%の伸びだった。刈羽郡では刈羽村が2.2%増の3,356,000円で7位だ。

 全市町村平均の1人当たり所得は3,006,000円となり、1.3%減。平均額を上回ったのは16市町村にとどまった。柏崎市は景気低迷の影響がまだ出ておらず、ほぼ前年度並みを維持し、順位も変わらなかった。刈羽村は、前年の九位から順位を2つ上げた。郡内の他町は、高柳町が2.5%減の2,253,000円、小国町が1.2%減の2,278,000円、西山町が1.1%増の2,598,000円だった。

 県内トップは賃貸しマンションが多い湯沢町の4,047,000円で、平成元年度以来9年連続トップ。以下、頚城村、聖籠町、中郷村、新潟市、上越市、刈羽村と続く。

 一方、9年度に市町村内の生産活動で生み出された所得(付加価値)である純生産の総計は7兆4360億円で対前年度比1.7%減。柏崎広域圏は4439億円で1.3%増だった。このうち柏崎市は3%増の3795億円。1次産業が15.1%減、2次産業が13.0%減だったが、3次産業の11.9%増で全体の経済成長率を押し上げた形だ。

 刈羽郡では高柳町が52億円(3.4%減)、小国町が126億円(4.3%増)、刈羽村が454億円(9.3%減)、西山町が138億円(3.9%減)だった。

(2000/ 3/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。