PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
博物館で「秘境!アマゾンの昆虫」

 市立博物館は25日から、特別展「地球最後の聖域・秘境!アマゾンの多様な昆虫たち」を開く。会期中の8月11日には、埼玉大教授で日本昆虫協会の奥本大三郎会長の講演会も予定しており、たくさんの人の来場を歓迎する。

 同展では、アマゾン昆虫館(東京池袋)の新井久保館長所蔵の約3,000点の昆虫標本を展示する。世界最大のカブトムシ「ヘラクレスオオカブトムシ」、世界一美しいチョウ「アグリアス=ミイロタテハ」など大きい昆虫や美しい昆虫、形の変わった昆虫などアマゾンの多様な昆虫を、標本や写真で紹介する。

 また、特設コーナーでは生きた「「ヘラクレスオオカブトムシ」や「ゾウカブトムシ」なども展示する。

写真パネルは、日本写真家協会会員で昆虫写真家・海野和男氏が撮影。会期は8月31日まで、時間は午前9時から午後5時半。月曜休館。入場料は大人が500円、中・高校生が300円、小学生以下は無料。

 アマゾン昆虫館の新井館長は1924年、東京生まれ。子供のころから国内で採集経験を積んだ後、62年から海外で採集。80年に初めて南米アマゾンを訪れて以来、アマゾンの魅力にとりつかれ、92年に同館を設立した。新種や不明種を数多く採集し、標本は50,000点以上を数える。

(2001/ 7/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。