PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
わたしの主張地区大会で三ツ木さん最優秀

 「わたしの主張2001柏崎・刈羽地区大会」(柏崎・刈羽広域青少年対策推進協議会主催)が20日、柏崎エネルギーホールで開かれた。ぎっしりと聴衆が詰めかけた会場で各中学校の代表が、県大会出場をかけ、熱のこもった発表を続けた。

 大会は、男子5人を含む15人が1人5分の持ち時間で、両親や祖父母とのかかわり、部活など学校生活、社会問題などをテーマにした発表を行った。6人の審査員が論旨、表現、態度などの点から総合的に審査し、最優秀賞には「あたりまえの幸せとは」の松浜中3年・三ツ木美絵さんが選ばれた。

 三ツ木さんはルワンダ、ザイールなどの紛争をインターネットで調べ、いかに多くの子供たちが犠牲になっているかを語った。これらの難民と自分たちの生活を対比させながら「あたりまえ」と思っていることの違いなどを訴えた。最優秀に選ばれ、「自分のこれからの生き方を考え、精いっぱい発表した。まさか自分が選ばれるとは思わなかった」と話した。

 優秀賞は「僕が受け継いでいくもの」の三中3年・山田啓友君、努力賞は「Precious People―夢に向かっていくために―」の北条中3年・佐藤友美さん。プログラムイラストの最優秀賞は三中3年・大須賀桃子さん、会長特別賞は南中1年・佐藤絢香さんにそれぞれ決まった。

 審査員を代表して、相沢教育長は「自分の身近な体験、できごとなどをテーマに見つけており、すばらしいこと。家族への愛情やきずな、先生や友だちの大切さ、支えられていることなど難しいテーマを堂々と述べ、会場に共感を与えたものと思う」と講評した。

 県大会は9月22日、弥彦村。最優秀の三ツ木さんが地区代表で出場する。

(2001/ 8/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。