PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
電事連、プルサーマル現在の計画変えず

 電力会社などでつくる電気事業連合会(会長・南直哉東京電力社長)は21日、今後のプルサーマル計画推進に向けた検討の中間状況を取りまとめ、平沼赳夫経済産業相に報告した。東電柏崎刈羽原発のプルサーマル計画をめぐる刈羽村の住民投票で反対が多数を占めた結果を受けたもので、「2010年までに16―18基」という現在の実施計画は変更せず、原発見学者の拡大や、電力会社と地域住民との双方向コミュニケーション強化などで理解を得ていくとした。

 電事連は、わが国のエネルギー確保にプルサーマルは必要との立場から、6月に12社の社長で構成するプルサーマル推進連絡協議会を設置するなどして取り組み態勢を検討した。具体的方策は、政府のプルサーマル連絡協が示した取り組みに沿ったもので、年間100万人を目標にした原子力施設への案内や、原子力立地地域住民との双方向コミュニケーション強化のための訪問活動、勉強会、インターネットホームページの活用などを打ち出した。施設への案内拡大は10月から実施する。

 東電も、2010年までに3、4基でプルサーマルを実施するという計画を変えておらず、この目標に向かって努力し、地域の理解が得られたところから実施していくとしている。柏崎刈羽原発ではすでに、電事連の取り組みを一部先行させる形で刈羽村での戸別訪問を7月下旬から開始しているが、そのほかの方策はまだ検討中だという。

(2001/ 8/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。