PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
菊花展が駅前公園で開幕

 菊づくりの愛好者でつくる柏崎菊花秋香会(西川勉会長)主催の菊花展が1日から、市内駅前公園で始まった。30日には審査会が行われ、各賞が決まった。開幕を前に、公園内に設けられた特設会場には色とりどりの菊の鉢物が並び、秋の風情をかもし出している。

 同展は今年で50回目を数え、競技花や一般花、花壇、懸崖などの各部門に合計で約220点が出品された。節目の年を記念し、選択学習で菊の鉢物づくりに取り組んだ二中、五中の生徒の作品約30点も含まれた。会員は「開花のタイミングを狙うのが大変だった」と苦労話を披露しながらも、丹精込めて栽培しただけに、さすがに見ごたえ十分だ。会期は5日まで。

 その後、6日から9日まで刈羽郡総合病院ロビーに展示して、患者や訪れた人たちから楽しんでもらう。審査には同会の清水清一郎副会長らが当たり、次のように各賞が決まった。

 【部門別】市長賞=「福助」春川政司(安田)▽市議会議長賞=「3本立花壇」関かつ子(茨目)▽商工会議所会頭賞=「競技花厚物」小山今朝市(藤井)▽柏崎日報賞=「盆栽」関矢忠義(上軽井川)▽柏崎郵便局長賞=「1本立花壇」村山芳正(茨目)▽刈羽郡総合病院長賞=「競技花管物」西川節夫(柳橋町)▽JA柏崎市組合長賞=「達磨」佐原勇男(朝日が丘)▽柏崎観光産業振興協会長賞=「一般花」植木重雄(与板)▽柏崎菊花秋香会顧問賞=「一般花」石坂和一(水上)▽同会長賞=「懸崖」本間英一(土合)

 【無監査賞】春川政司、関かつ子、小山今朝市、関矢忠義、村山芳正、西川節夫

(2001/11/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。