PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
新道・鵜川神社で大ケヤキにしめ縄

 市内新道、鵜川神社(箕輪正邦宮司)で16日、境内にある国指定の天然記念物・大ケヤキへのしめ縄奉納が、地元の中村地区(飯塚篤志代表、25世帯)の人たちの手で行われた。大ケヤキは昨年までの工事で樹勢を回復しつつあり、冬空に枝ぶりを広げ、根も少しずつだが出てきた。地区の人たちは新年への期待を込め、しめ縄をていねいに飾り付けた。

 大ケヤキは1930年から国の天然記念物に指定されており、樹齢は推定で1,000年。47年には昭和天皇が散歩の途中で立ち寄られたことでも知られる。しかし、長年の風雪に勝てず、近年は幹の中ほどが空洞化し、さらに追い打ちをかけるかのように、台風の被害にも遭った。このため、99年から2カ年をかけ、冬場の雪対策、土壌改良工事などを行った。

 16日は地区の人たちが総出で材料のわらをそれぞれ3束ずつ持ち寄り、午前8時から伝統行事に取り掛かった。わらをつぶし、束ねる人、なう人など役割を分担して、しめ縄作りに精を出した。昼には長さ約14メートル、直径約15センチもある立派なしめ縄を完成させた。

 午後から大ケヤキに飾り付けを終え、飯塚代表は「今年はテロ、不景気などに見舞われる半面、身近なところでは柿、コメとも豊作だった。2002年はこれ以上にいい年になることを祈りたい」といい、箕輪宮司は「皆さんから一生懸命に頑張ってもらい、立派なしめ縄を作ってもらった。ケヤキが元気になり、新年がよりよい年になることを期待したい」と話した。

(2001/12/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。