PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
年賀状の区分けピークこれから

 柏崎郵便局(平沢智局長)では年賀状の元日配達に向け、アルバイト、局員による区分け作業が連日続いている。

 市民から同局に差し出された年賀状は26日までに約81万枚。連休明け25日の引き受けは約24万6,000枚と多かったが、引き受けを開始した15日からの全体的な少なさが響き、対前年比85%にとどまっている。一方、首都圏からの到着は約30万枚と昨年の50%台だ。

 同局では「年賀はがきの売れ行きは昨年とほぼ変わらないので、大きな山はこれからになりそう」と分析。「元日に出来る限りたくさん配達できるよう、半日でも早く出してもらえれば」と話す。

 局内では年賀状の束を前にアルバイトの人たちが手作業で区分け作業に励むとともに、1時間に5万枚を処理する大型区分機も活躍している。

(2001/12/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。