PHOTOニュース

「新型コロナウイルス感染症から柏崎市民を守る」とした「共同宣言」を行う桜井市長と西川会頭=24日、市役所大会議室 (2020/09/25)


公開の通し稽古をした人形浄瑠璃の「猿八座」=22日、市内高柳町岡野町のギャラリー姫の井「酒の館」 (2020/09/24)


樹上脱渋の袋がけ作業=19日、市内新道の柿団地 (2020/09/23)

>>過去記事一覧
産文で音響機器設備改修

 市はこのほど、産文会館文化ホールの音響機器設備の改修工事に着手した。1981年に開館して以来初めてで、工事は2月末まで続く。

 音響設備は、一般的には10年程度で改修工事を行うが、同館の場合、大切に使い長持ちさせてきた。しかし、経年劣化が進むと同時に、古いタイプのため、音質やマイク本数の増設などの面からなかなか利用者の要望にこたえられなくなった。

 工事はホール利用の少ない冬場の時期を選んで行われ、配線工事を含め出・入力系など音響設備全体を改修する。前列の客席にシートをかけ、ホール内に足場を組んで旧配線、スピーカーをはずす作業から入った。ホールは3月から平常の使用ができ、堀憲一館長は「よりよい音をぜひ期待してほしい」と話している。

(2002/ 1/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。