PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
柏崎総合高に1期生240人入学

 市内元城町、柏崎総合高(青山雅啓校長)で8日、校名変更後初めての入学式が行われ、1期生240人が高校生活の第一歩を踏み出した。

 県教委は今年度、柏農、柏商、常盤被服科の募集を停止し、昨年創立90周年を迎えた柏農に総合学科の柏崎総合を新設した。制服は紺のブレザーに男子はしまのネクタイ、女子はリボンと茶系のスカート。これまでのデザインを改良し、胸のエンブレムも一新した。入学式では壇上に新しい校旗が掲げられた。校旗はスクールカラーの青地。夢と希望を表す銀色の円と、荒波に見立てた総合の頭文字Sを金色の3本線であしらい、飛躍の願いを込めた。

 入学許可では6学級の担任が新入生一人ひとりの名前を呼んだ。青山校長は式辞で、希望の実現に向け自ら学ぶ自立の精神を訴え、「90年に及ぶ柏農同窓生の熱い思いと伝統を受け継ぎ、新たな伝統を付け加えてほしい。今日の感激を忘れず、悔いのない3年間を」と呼び掛けた。南波栄一同窓会長は「いのちをはぐくむ体験に触れ、人生の宝にしてほしい」と激励した。

 これにこたえて、新入生代表の大橋美里さんが「1期生としての誇りを持って、柏崎総合の新たな歴史を築き上げることを誓います」と決意を述べた。

(2002/ 4/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。