PHOTOニュース

新しい形のイベント「えんまテラス」。広くきれいになった歩道などで楽しんだ=27日、市内東本町2 (2020/09/28)


部門ごとに入賞作品を返却される出品者=26日午前、ソフィアセンター (2020/09/26)


「新型コロナウイルス感染症から柏崎市民を守る」とした「共同宣言」を行う桜井市長と西川会頭=24日、市役所大会議室 (2020/09/25)

>>過去記事一覧
中高一貫・翔洋で初の入学選考

 県立中高一貫校の入学者選考検査が25日、県内3校で一斉に行われた。このうち、市内北園町で柏商校舎の一部を使って今春開校する柏崎翔洋(しょうよう)中等教育学校の初の選考検査には、141人の小学生が臨んだ。

 柏崎翔洋は定員80人(2学級)に対し、今月10日の締め切りまでに男子57人、女子86人の143人が志願。うち2人の辞退があり、当日の受験状況は男子56人、女子85人、1.76倍だった。主に柏崎市内とその周辺を中心に、長岡市、上越市からの受験生もいた。

 この日は厳しい冷え込みの中を、受験生たちは仲間、保護者らと次々と会場入りした。少し緊張気味の表情で受け付けを済ませ、8つの教室に分かれた。最初に受験上の注意を受けた後、午前9時10分からの作文を皮切りに、午前中はオリエンテーション、討議を行うグループ活動1。昼食をはさんで、午後からは討議した内容を個人でまとめるグループ活動2、1人10分程度の個人面接が行われた。

 控え室で、「ドキドキして待っている」という市内の母親(42)は「子供が、勉強がたくさんやれそうだから受けたいと言った。精いっぱい全力を尽くしてほしいと思う」と話した。長岡から来た母親(40)は「子供が受けたいと言ったので、チャレンジと思って受けさせた。中高一貫で高校受験がなく、数学と英語が少人数教育という点に魅力があったようだ」と日程の終了を待った。

 県内ではこの日、村上中等教育学校、阿賀黎明中学校でも同じ時間帯、統一問題で入学者選考検査が実施された。合格発表は2月2日午前10時。

(2003/ 1/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。