PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
公立高一般選抜、柏崎地区は1.04倍

 県教委は21日、2003年度の公立高校一般選抜試験の志願状況を発表した。柏崎地区では5校(分校含む)の平均倍率が1.04倍で、前年度より0.02ポイント上がった。最高は柏高普通コースの1.55倍だった。

 柏崎地区では推薦選抜で285人の内定者が決まり、一般選抜の募集定員は675人。これに対し、志願者は702人だった。倍率が1.0倍を超えたのは柏高普通コースのほか、柏崎総合の1.44倍、柏工機械の1.17倍。同工業化学の1.02倍。普通科の隣接学区からの志願は柏高普通コースで9人と前年より倍増し、同探究コースで同数の2人。常盤で9人と2人増えた。

 西越を単位制に改組した出雲崎は2学級66人の一般選抜募集定員に対し、63人が志願し、0.95倍だった。

 倍率が1.0倍を超えた学科、隣接学区からの志願倍率が1.5倍を超えた場合の志願変更は24日から27日午前11時まで受け付ける。保護者の転勤などによる志願変更は24日から3月3日正午まで。学力検査は同11日。合格発表は13日午後。

(2003/ 2/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。