PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
連合メーデーで1,200人が集会と行進

 労働者の祭典「メーデー」の1日、連合柏崎地協(渡辺五四六議長)主催の第74回柏崎地区メーデー集会が市民会館大ホールで開かれた。加盟労組の組合員を中心に約1,200人が参加。西川市長や、四日前の柏崎市議選・刈羽村議選を勝ち抜いた推薦・友好議員も来賓として出席する中、雇用・福祉・平和を前面にアピールした。

 あいさつに立った渡辺議長は、労働基準法・労働者派遣法の改定に対し「いま議論されている内容では使用者側の権限が強化され、労働者は雇用の安定を失いかねない」と批判。今年のメーデーのスローガンに掲げた「労働を中心とした福祉型社会」を目指して団結を強めていくことを訴えた。西川市長は「厳しい時代だが、一層団結し、日本から、柏崎から、皆さんの職場から日が昇ることを信じ合うメーデーに」と呼び掛けた。また与口登美夫・市社会福祉協議会長が連合の支援に感謝した。

 アトラクションをはさんで、「労働基準法、労働者派遣法の改悪反対」の決議と、働く仲間の連帯をうたったメーデー宣言を採択。参加者はこのあと、JR柏崎駅までデモ行進し、青空の下、「雇用創出」「戦争反対」などのシュプレヒコールを上げた。

(2003/ 5/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。