PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
三井田さんがベトナム難民と再会

 市内比角1、三井田昭治さん(74)がかつて、船長時代に南シナ海で救助したベトナム難民が大型連休中に柏崎を訪れた。社会不安の続く祖国を脱出した時は高校卒業間もなかった難民も、今では2児の父親。三井田さんを「命の恩人」といい、うれしさと涙で20年ぶりの再会を果たした。

 この難民は、トラン・ゴックリさん(39)。日本国籍を取得し、現在は西山理さんという。いわゆるボートピープルとして、自由を求めて祖国を脱出した。一方、三井田さんはそのころ、大阪商船三井船舶所属の甲山丸(24,715トン)の船長だった。1983年6月、南シナ海を航海中に西山さんを含む難民23人が乗った船を発見、救助した。

 その後、西山さんは日本にある難民キャンプを転々とし、仕事のかたわら日本語を覚えた。苦労の末、現在は東京・品川の国際救援センター職員として、インドシナから来た人たちに日本語や日本の文化・習慣などを教えている。7年前には、同じベトナム人の妻(31)と結婚して神奈川県藤沢市に住み、2人の子供をもうけた。

 この間、三井田さん、西山さんは年賀状、クリスマスカードの交換を続けてきた。三井田さんは、西山さんから自宅への招待を受けたものの、足が不自由なため遠慮したいと断ると、急きょ西山さんの一家が柏崎を訪れることになった。JR柏崎駅に出迎えた三井田さん、妻の秋子さん(69)は一家から花束を贈られ、「元気に立派に成長した」と感無量の表情。

(2003/ 5/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。