PHOTOニュース

洞道での火災を想定し、東京電力柏崎刈羽原発で行われた東電と市消防署 の合同訓練=6日、同原発 (2022/10/07)


ハクチョウの飛来を前に長嶺大池のハス刈りをする地元愛護会=1日、市内西山町長嶺 (2022/10/06)


3年ぶりに行われた柏崎刈羽小学校親善陸上大会=市陸上競技場 (2022/10/05)

>>過去記事一覧
使用済み核燃料税の同意求め手続きへ

 市は、東京電力柏崎刈羽原発からの新たな財源として今年度内の創設を目指している使用済み核燃料税について、総務大臣の同意を得るため、早ければ来週にも総務省に協議書提出の手続きをとることになった。国側はおおむね3カ月以内に判断を示すとされている。

 この新税は、同原発1-4号機の燃料プールに保管されている使用済み核燃料の重量1キロにつき480円を毎年課税したいというもの。市では、今年度から5年間で約26億円の税収を見込む。法定外目的税のため、原子力安全、生業安定、民生安定、原発との共生などの各対策に充当したいとしている。今年3月に市議会で条例が可決された。

 納税者となる東電との間で続いている交渉は11回に及び、東電側は「(県の)核燃料税との二重課税」などを理由に基本的な反対姿勢は変えていない。しかし市では「当初の入り口論から、多少踏み込んだ議論になっており、明確に反対というトーンが和らいだ印象がある」として、市議会六月定例会を前に総務省への手続きをとる方針を決めた。

(2003/ 5/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。