PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
国道353号石黒バイパス、トンネル2本計画

 県柏崎土木事務所はこのほど、高柳町石黒地内、国道353号「石黒バイパス」(上石黒―居谷間)のルート概要を地域住民に説明した。

 353号の柏崎・高柳・松代間では1992年に小岩トンネル(市内折居―高柳町上石黒)が開通し、石黒地区から柏崎への冬季通勤が可能になると同時に、救急医療や防災面のほか、買い物、住民交流の促進など生活利便が大きく改善された。しかし、上石黒から居谷、さらに松代町蒲生までの間が未改良で、早期の改修整備が望まれている。

 今回ルートが示された上石黒―居谷間は、現道延長3930メートル、幅員314メートル。急カーブが連続し、全線の85%にあたる3335メートルが傾斜6%以上の急こう配。冬季はもちろん通常でも交通障害が多い。石黒バイパスは延長2540メートル、車道幅員6メートル。冬季に雪崩れからの危険を回避し、安全・心な走行を確保するため2本のトンネル(計1100メートル)を掘削し、橋も2本(計320メートル)架ける。こう配、カーブも緩やかにする。全体事業費は80億から90億円と推定される。

 県では、これが地区住民唯一の生活道路であることから、早期の完成を目指すため、2カ所の現道接続地点で工区を分割。まず上石黒―落合間1.8キロについて、2004年度の国庫補助事業採択を目指して概算要求を行いたい考えだ。

(2003/ 6/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。