PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
砂浜に園児のハンカチ絵1200枚

 市内のまちづくりNPO(非営利組織)「エイジレスたまご」(木村永理事長)は21日、市内中央海岸の波打ち際で柏崎刈羽の園児が描いたハンカチ絵1200枚を300bにわたって展示するイベント「ざぶーん美術館」を始めた。

 主催のNPOは県建築士会柏崎支部の青年委員会を母体に2月に発足。福祉住環境をめぐる各種相談、住まいづくりの講座などを通じ、豊かな暮らし、まちづくりを提案している。海の美術館は初めての試みで、園児に黄色のハンカチを配り、カラーマジックで魚や海の生物などを思い思いに描いてもらった。

 初日は梅雨の晴れ間に恵まれ、展示作業が進む中、家族連れなどが早速、自分の子供や知り合いの作品を探し、波打ち際を歩いていた。前日のポール立てを見て来たという市民は「いかにも海の町らしいイベント」と目を細めていた。展示は29日まで。作品を描いた園児の感想や会場を訪れた市民のアンケートを募り、後日ホームページで公開する。

(2003/ 6/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。