PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
西山かたくり一座に県最優秀ふるさと匠賞

 西山町の町民劇団「西山かたくり一座」(駒谷正義座長)がこのほど、今年度の県農村振興アメニティーコンクール知事賞で最優秀ふるさと匠賞に選ばれた。8日に新潟市の新潟ユニゾンプラザで開かれる「わがむらはっしん!農村整備を考えるつどい」(県など主催)で表彰式と受賞記念のミニ公演が行われる。

 同知事賞は、快適で活力と個性のある農村づくりの優良事例に対し贈られる。3部門のうち、かたくり一座は文化・伝統技術保全・活用型の部。8日のつどいは午後1時から表彰式。総合的アメニティー向上型の部で最優秀賞の栃尾市西中野俣区が名水を核とした地域づくりについて発表し、かたくり一座が午後2時から約20分間、1作目の「天明義民伝」のミニ公演を行う。

 天明義民伝は、一揆なき嘆願運動で藩政改革を勝ち取った史実を描いたオリジナル作。ミニ公演では、過酷な年貢取り立てなど圧政に反発した農民の一揆を庄屋が思いとどまらせる場面を、ナレーション、盆踊りシーンをからめて再構成する。町民約30人が出演する。かたくり一座は1998年に旗揚げし、これまで3作品で8回の公演を町内外で行っている。

 駒谷座長(52)は受賞について、「これまでの活動を評価していただき、夢のようでうれしい。今後も継続していくための励みにしたい」と話している。

(2003/ 8/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。