PHOTOニュース

高校野球新潟大会準々決勝で日本文理を破り、喜びを爆発させる産附ナイ ン=21日、エコスタ (2024/07/22)


ブルボンKZの選手と一緒に五輪応援献立を味わう児童=19日、北鯖石小 (2024/07/20)


高校野球新潟大会4回戦の産附―村上桜ヶ丘。産附は2回1死満塁、多田 の適時打で二走・平野が生還して4―0とする=18日、新発田市五十公野 球場 (2024/07/19)

>>過去記事一覧
市民会館の新ピアノ演奏会

 市民会館の開館35周年を記念して、新潟ゆかりの音楽家によるスタインウェイピアノコンサート(同館、市観光レク公社主催が24日、同館大ホールで開かれた。2人のピアニストによって世界的な名器として知られるスタインウェイピアノの音色が会場に響き、感動の拍手に包まれた。

 同館の旧ピアノは1968年の開館時に購入され、35年の歳月を経て、老朽化が進んだ。今夏、念願の更新が行われ、最新のスタインウェイ・フルコンサート・グランドピアノ(ドイツ・ハンブルグ製)が整えられた。

 コンサートは平山県知事の長女友紀子さんの演奏から始まった。ヘンデルの組曲「2短調HWV428」の旋律が流れ、ショパン、シューマンの作品へ。続いて、小杉真二さんが左手のみで演奏されるスクリャービンの「左手のための2つの小品」、映画でも知られるショパンの作品の数々を演奏した。

 演奏を終え、平山さんは「新しいスタインウェイのピアノ、弾きやすいホールで楽しく演奏させてもらった。これからもいろいろな人の演奏を楽しんでほしい」、柏崎では3度目の演奏という小杉さんは「ホールとピアノがいい感じで響き合い、とても気持ちよく演奏できた」とそれぞれ感想を述べた。

(2003/11/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。