PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
桜井氏が市長選出馬表明

 市議の桜井雅浩氏(41)が13日、市内で記者会見し、今年11月の市長選に無所属で立候補することを表明した。すでに先月下旬、その意欲を明らかにしていた。現職・西川正純氏(61)の任期満了に伴う今年の選挙には、4期目をねらう西川氏のほか、柏崎市出身で元長岡市環境部長の会田洋氏(57)も出馬を決めている。

 会見で桜井氏は、西川市政について「一歩先んじたものと評価するが、後半は閉そく感、停滞感、長期に及んだ弊害がある。市長1人が考えて市政を進め過ぎたのではないか」とし、「企業撤退に対し何かできたはず」「原発完成記念事業は市民の意向が把握されていない」「合併で刈羽村を一緒にできなかった責任は大きい」と述べた。出馬について「4年待てという声もたくさんいただいた」としながらも、「市政に生じているずれを調整し、柏崎をさらに先んじた自治体に」と決意を示した。

 市政への基本的考え方を「勇気・責任・笑い声」「バランス」「住民が選択できる市政」とし、重要施策に常設政策選択型住民投票または住民意向調査をはじめ、医療体制充実、企業誘致、行政改革などを挙げた。特に住民投票・意向調査は「政策の白黒ではなく優先順位を決めるため」と強調した。

(2004/ 4/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。