PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
山間部で70センチの降雪

 新潟県地方は11日夜から12日朝にかけて、山間部を中心に大雪となった。柏崎刈羽でも市内鵜川や高柳町門出、小国町原などで新たに70センチ前後の雪が降った。水分を含んだ重い雪で、鉄道や道路交通に影響が出た。

 JR信越線は12日午前2時45分ごろ、塚山―長鳥間で貨物列車が雪を抱え込んで停車。JRでは長岡―柏崎間の列車運転を見合わせて除雪作業を行い、午前10時前に上下線とも運転を再開したが、ダイヤは大幅に乱れた。上越線(ほくほく線含む)、只見線、磐越西線、米坂線でも除雪作業が行われ、列車の運休が相次いだ。

 一方、国道291号は12日午前3時ごろ、小国町七日町地内、桜町トンネル手前約200メートル地点で、重い雪が道路脇の電柱や木を倒して道路をふさいだ。このため、小国―小千谷間が全面通行止めとなった。東北電力などで復旧を急ぎ、お昼には開通の見込みだ。また、関越道や上信越道も事故や吹雪のため、各地で通行止めになった。

(2005/ 1/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。