PHOTOニュース

市制施行80周年の歩みを各種資料で振り返ったミニ展示=ソフィアセンター (2020/07/10)


「海で水球in柏崎」写真展を開催中の黒崎さん=5日、市内笠島、蔵ギャラリーMoku (2020/07/09)


1階開架スペースに設けられたビジネス支援コーナー。仕事のスキルアップなど約700冊が一つのコーナーに集められた=ソフィアセンター (2020/07/08)

>>過去記事一覧
ブルーリボンの会が活動終える

 北朝鮮による拉致被害者の蓮池薫さん(47)、祐木子さん(48)夫妻を募金などで支援してきた柏崎市民ブルーリボンの会(曽田恒会長)が24日、市民プラザで感謝の会を開いた。市民ら約70人が集まり、募金活動に終止符を打った。今後は拉致問題の全面解決に向け、別な形で支援していく。

 感謝の会には蓮池さん夫妻をはじめ、薫さんの両親の秀量さん(77)、ハツイさん(72)、祐木子さんの父・奥土一男さん(77)も出席した。曽田会長は「夫妻を応援しようと、ブルーリボンの会が始まった。みんなで頑張ろうと言いながら、全国、海外からも応援の声が聞かれた。募金活動は終えるが、拉致問題は今後も柏崎地域国際化協会として大きな課題にしていきたい」とあいさつ。

 会田市長は、夫妻の長女・重代さん(23)がスペシャルオリンピックス出場のため本市を訪れたスロバキア選手団の英語通訳として活躍したことを披露し、「子供たちが柏崎での生活に順調に適応しており、喜ばしい限りだ」と述べた。談笑の続く会場で参加者の一人、市内田中の横田正子さん(54)は「会社の女性組織で募金活動に参加した。蓮池さんのご家族がそろい本当にうれしい。でも、柏崎以外の拉致問題は未解決であり、これからもできる応援はさせてもらいたい」と話した。

(2005/ 2/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。