PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
冬のボーナス、製造業中心に増額予想目立つ

 柏崎商工会議所(松村保雄会頭)がこのほど、本年度の年末一時金(冬のボーナス)に関する意識調査の結果をまとめた。景気回復傾向を受けて、全体的に昨年より増額する事業所が多いことが分かった。調査は10月18日から11月4日にかけて会員事業所162社を対象に行い、103社から回答を得た(回収率63.6%)。

 集計結果によると、支給予想額は基準内賃金の「1―1.5カ月未満」が32.0%で最多。「0.5―1カ月未満」が24.3%で続いている。「昨年並み」が58.3%と過半数を占め、続いて昨年より「0.5カ月未満の増」が30.1%となった。

 業種別では全業種で「増額」が「減額」を上回り、特に、好調の製造業の増加回答率が他業種より高くなった。建設業も災害復旧関連の特需で増額見込みが多い。一方、小売業は「増額」が「減額」を上回ったものの、小差にとどまった。規模別では100人以上の事業所で支給予想額が高い。

(2005/11/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。