PHOTOニュース

海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)


2カ月半ぶりに営業を再開した市内高柳町のじょんのび村=2日午前 (2020/07/02)

>>過去記事一覧
アジアライフセービングで青木選手優勝

 柏崎ライフセービングクラブ所属の青木克浩選手(31)が11月に香港で開かれたアジアライフセービング室内選手権大会で、自己の持つ日本新記録を塗り替えて優勝するなど、金メダル3個、銅メダル1個を獲得した。柏崎ライフセービング協会(上森一利会長)は1日、ザ・ホテルシーポートで祝勝会を開き、青木選手の健闘をたたえた。

 大会は11月19・20日に行われた。青木選手はに日本代表チーム(男女各6人)のメンバーとして出場した。個人種目の100メートルマネキントゥ・ウィズフィンのほかマネキンリレー、障害物リレーでも1位を獲得。また、緊急時対応レースでも3位に入った。マネキントゥ・ウィズフィンでは自己の持つ日本記録(1分2秒48)を更新する1分1秒93の新記録を出した。また、青木選手らの活躍で日本チームは参加9カ国中の総合優勝も果たした。

(2005/12/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。