PHOTOニュース

縁起物の「貫通石と記念の升」セット (2020/07/15)


県の復興再生事業が完成したえんま通り商店街。街並みのきれいさ、開放的な雰囲気から新たな業態の進出が予定される=市内東本町2 (2020/07/14)


(2020/07/13)

>>過去記事一覧
柏崎刈羽原発で二重扉またもトラブル

 東京電力柏崎刈羽原発は6日、定期検査中の2号機で原子炉建屋の二重扉が一時的に同時に開くトラブルがあったと発表した。原子炉建屋は事故時に放射性物質を封じ込めるため内部の気圧を低くし、二重扉が同時開放しない仕組みによって負圧を維持している。

 東電によると、5日午後、社員3人が退出のため二重扉内に入った時、1人が内側扉を閉じる操作中、別の社員が外側扉を開操作したところ同時に開いた。内側が閉まるまで外側は開かないはずだったが、ハンドルとかんぬきを連結する電磁クラッチが作動不良を起こした。部品の故障と見られる。

(2005/12/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。