PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
東電が原発名挙げずにプルトニウム計画

 東京電力は6日、青森県六ケ所村の再処理工場で使用済み核燃料から回収されるプルトニウムの利用計画を公表した。プルトニウムとウランを混ぜたMOX燃料を使うプルサーマルが利用方法で、同社原発の3-4基で2012年度以降、年間0.9-1.6トンとした。具体的な原発名は示さなかった。2005・06年度の再処理によるプルトニウム割当量は約0.5トンの見通しだ。

 利用計画は、再処理工場で実際にプルトニウムを取り出す試験が2月から始まるのを前に、原子力委員会の求めにより電力会社が一斉に公表した。

(2006/ 1/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。