PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
センター試験、機器不調で再テスト1人

 大学入試センター試験初日の21日に初めて行われた英語のリスニング(聞き取り)試験で、柏崎地区の試験会場となった新潟工科大では受験生1人が再生プレーヤーの不調を訴え、再テストを受けた。

 柏崎地区の出願者は昨年より34人少ない352人。リスニング受験者は316人。午後5時40分から再生専用のICプレーヤーが配られ、イヤホンで音声を聞き取る方式。解答時間30分。配点50点。工科大によると、全25問のうち、8問目の解答が終わったところで1人が手を挙げ、監督者に「右のイヤホンの音が聞きにくい」と申し出た。監督者はトラブル確認書を示し、指さしと筆談で内容を把握。再テスト実施の判断、指示で受験生はイヤホンをはずし、その場で試験終了を待った。再テストは午後7時過ぎから始め、別のプレーヤーと別の解答用紙で9問目から再開した。

(2006/ 1/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。