PHOTOニュース

3密を避けながら、250年の伝統をつないだ花市=11日午後4時過ぎ、市民プラザ前 (2020/08/12)


今夏初の猛暑日に、海水浴を楽しむ家族連れら=10日午前、石地海水浴場 (2020/08/11)


結成10周年記念のTシャツを贈ったブルボンウォーターポロクラブ柏崎の横関副理事長と、相田院長ら=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2020/08/08)

>>過去記事一覧
2006年産米の生産目標を配分

 柏崎市に配分された2006年産米の生産目標を地区別に配分する柏崎市水田農業推進協議会が25日、市役所で行われ、とも補償制度など06年度水田農業構造改革対策の基本事項を承認した。県、県農協中央会は昨年暮れ、06年産米生産目標として柏崎市に1714万9860キロを割り当てている。

 冒頭、あいさつに立った協議会長の会田市長は「05年は水害など農業生産環境にも厳しい年だったが、県平均を上回る一等米比率になった。06年度は農業政策の変革・移行の年であり、市でも担い手担当を置くなどして支援したい」とした。続いて、市と柏崎農協が05年度水田農業構造改革対策の実施状況を報告。生産目標はほぼ達成したものの、とも補償への参加率が低下したこと、大豆の発芽不良などが課題として提示された。

(2006/ 1/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。