PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
桑名と柏崎が歴史の縁で演劇交流公演

 柏崎市とは歴史の縁(えにし)に結ばれる三重・桑名市から「桑名演劇塾」を招き、3月4日、市民会館大ホールで交流公演が行われる。先ごろから開催中の柏崎演劇フェスティバルの一環で、主催は「桑名市と柏崎市の交流を進める演劇公演実行委員会」。このほど前売りチケットの販売を開始した。

 演劇公演は、大久保陣屋が取り持つ両市の文化交流事業の第一弾となる。招へいの桑名演劇塾は公募の市民と、同市の劇団すがおによる市民演劇。オーディションを経た約30人が出演する。上演作品は柏崎陣屋の役人だった渡部勝之助、国元の養父平太夫が交換日記としてつづった「柏崎日記」「桑名日記」をもとにした「幕末親子絆(おやこのきずな)」。

(2006/ 2/ 3)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。