PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
創立50周年目指し、柏崎芸協が例会決める

 柏崎芸術協会(曽田信英委員長)が24日夜、産文会館大ホールで第41回総会を開き、2006年度の事業方針や例会計画などを協議した。会員ニーズに応え、幅広い例会企画を進めるとともに、団塊の世代の大量退職による入会に期待し、より一層の会員拡大を図ることなどを決めた。

 議事では、創立以来のモットーの「よい芸術を より安く より多くの人と」のもとで、運営方針として「例会企画は設定のジャンル別ステージ数を基本に立案」「例会への積極的参加でステージを盛り上げ」「一人でも多くの仲間とともに芸協の主体性向上」「市民芸協目指し、潮の音フェスタの継続」などを確認した。

(2006/ 4/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。