PHOTOニュース

県産プレミアムブランド「越後バナーナ」の初収穫作業。慎重に切り取りが進められた=6日午前、市内荒浜2のシモダ・ファーム (2020/08/06)


桜井市長に高齢者支援策を提案する日吉小6年生たち=4日、市議会議場 (2020/08/05)


柏崎刈羽の小中学生が参加した柏崎ジュニアオリンピック陸上競技大会=2日、市陸上競技場 (2020/08/04)

>>過去記事一覧
新市民会館建設の検討委員会が27日発足へ

 会田市長は6日の定例記者会見で、新市民会館建設に向けた検討委員会を今月27日の初会合で発足させると発表した。来年12月末まで基本構想・基本計画を検討し、市に提言する。市長は「今の施設でいいという声もあるが、基本的には建て替えの方向で検討してもらう」とし、提言を受けて、合併特例債の事業で設計・建設に着手したい方針だ。そのスケジュールなどは決まっていないとした。

 市民会館は建築後 37年を経過し、建物・設備が老朽化。駐車スペースが足りないことなども運営上の大きな問題となっている。このため市では2006・07年度で検討を行うとしていた。

 委員会は有識者や利用団体、公募の市民など11人(委員別記)。施設の目的・役割、施設規模・構成、運営体制・事業展開のあり方などを年6.7回の会議で検討していく。

(2006/ 6/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。