PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
民事再生法申請の石橋組が債権者説明会

 民事再生法の適用を申請し、裁判所から保全命令を受けた市内錦町の総合建設業、石橋組(石橋達也社長)は13日、産文会館で債権者説明会を開いた。石橋社長は今回の事態を陳謝し、「仕掛かり工事の続行について金融機関の理解と協力を求めたい」と述べた。

 同社長は経過を「首都圏の大型物件で8月予定の入金が遅れたことから、工事代金債権60件(56億5000万円余り)を譲渡担保に緊急融資を受けたが、9月11日の手形決済の資金調達ができなくなった」などと説明した。負債額は金融機関が五行で41億2000万円余り、取引業者が約350社で16億4000万円余り、リース会社などが9社で2億4000万円余りと見られる。

(2006/ 9/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。