PHOTOニュース

「青春・熱血!プロジェクト」の皮切りとして行われたバレーボール競技。選手は約4カ月ぶりの対外試合を楽しんだ=4日、鏡が沖中体育館 (2020/07/07)


海の安全に願いを託した合同安全祈願祭。厳かに神事を進めた=5日、市内番神1の観光交流センター「夕海」 (2020/07/06)


復興への感謝、新型ウイルスの収束を願い、短冊が飾られた「七夕」=3日午前、市内東本町2のやまゆり (2020/07/03)

>>過去記事一覧
狐の夜祭り、雨に負けず楽しむ

 幻想的な雰囲気で多くの人に親しまれている市内高柳町の「狐の夜祭り」が八日、同町栃ケ原と漆島で行われた。前日からの強い雨で山道での行列やイベントの一部が中止になったが、地域の人たちは手づくりの祭りの良さを楽しんだ。

 この祭りは1989年、地域の活性化を目指す若手・中堅グループが独特のキツネの絵を描く画家と知り合ったのをきっかけに、地元の狐伝説をアレンジして創作。白装束に狐の面、ちょうちんを手に夜の山道を歩くようになったのは3年目からだ。

 高柳地方は7日夜から強い雨が降り続き、雨の中での祭りは今の形になってから初めて。栃ケ原でのマジックショー、漆島での太鼓演奏などが中止になった。祭りのクライマックス、狐のちょうちん行列は例年より少なく、地元と大洲コミュニティ関係者ら約120人が参加。午後5時、笛の調べに乗って行列が栃ケ原を出発すると、待ちかまえていたカメラマンが一斉にフラッシュ。途中、雨が強くなったため、山道での行列は中止し、漆島の入り口から再開した。

(2006/10/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。