PHOTOニュース

最近作の金とブロンズによる「フクロウ」と、原益夫さん=市内大久保2 (2018/07/04)


大勢の人でにぎわった松美町の七夕まつり=1日午前 (2018/07/03)


本年度の市功労者表彰を受けた人たちと関係者=1日、産文会館会議室 (2018/07/02)

>>過去記事一覧
鵜川ダム建設の仮排水トンネルが貫通

 市内清水谷・女谷地内、鵜川治水ダム建設工事でこのほど、2004年7月から掘削が進められてきた仮排水トンネルが貫通した。このトンネルはダム本体の建設中に鵜川の水をう回させ、下流に流すもので、順調に進めば、来年度中の転流・通水を目指している。

 鵜川ダムは大雨の際に、1秒間に110立方メートルの洪水調整を行い、下流市街地の被害を軽減することが目的。ダム形式は、土を中心に石を積み上げる中央コア型ロックフィルダム。堤頂長267メートル、堤高55メートル、総貯水量470万立方メートルで、有効貯水量は318万立方メートル。また、洪水調整水容量が228万立方メートル、農業用水や流量安定のための容量が90万立方メートルだ。

(2006/10/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。